商品情報にスキップ
1 6

botanical Ieather® 桜染 / 山桜

botanical Ieather® 桜染 / 山桜

型番

BYZ-01
通常価格 ¥44,328 JPY
通常価格 セール価格 ¥44,328 JPY
セール 売り切れ
税込

手技

桜染 山桜

産地

東京都 台東区

大きさ

133ds

厚み

1.8mm前後

ds単価

¥303

鞣し

タンニン 牛革 キップ
詳細を表示する

桜染に使う枝は、春の少し前、花が咲く直前のもの。化学染料は一切使わず、山桜、ソメイヨシノなどを中心に、剪定された小枝を集め、桜の茶色の樹皮を煮つめて取出した赤い色の染液で、一つ一つ丁寧に染めます。環境にも優しいタンニンレザーを染め上げている為、柔らかい風合いの優しい色が特徴です。

・本製品は天然素材を使用している為、部位的に色差や筋跡、仕上げ等により、同じ商品でも1つ1つ詳細が異なります。
・摩擦や水漏れによる色落ちや色移りが発生する場合があります。
・塩化ビニール等の樹脂に長い時間密着させると、粘りつきや色移りの原因となりますのでご注意ください。

革に咲く桜の花

桜染

桜染に使う枝は、春の少し前、花が咲く直前のもの。化学染料は一切使わず、山桜、ソメイヨシノなどを中心に、剪定された小枝を集め、桜の茶色の樹皮を煮つめて取出した赤い色の染液で、一つ一つ丁寧に手作業又は、タイコで染めます。環境にも優しいタンニンレザー等をタイコ染色や刷毛染で染め上げている為、柔らかい風合いの優しい色が特徴です。

桜の部位によって色味が変わる

桜の木に含まれる色素はピンクだけではありません。黄色やベージュ、灰、さまざまな色が含まれています。草木で染めるには、金属質(銀イオン)の成分で色を定着させる「媒染」をする必要があります。染めの色は媒染に使う金属の性質や、使う桜の部位で変わります。小枝や蕾など、花に近い部位を使うと「桜色」に、樹皮を使うと、ベージュに近いオレンジ色「花葉色(はなばいろ) 」に、樹皮の内側にある芯材や初夏の葉を使うと、黄色を帯びた「淡黄色(たんおういろ) 」に染まります。

サクラ色を生み出す、染師の知識と経験

革へサクラ色を落とし込む為に、色素を含む素材からこだわり
また、煎液(染液)の抽出に関しても、何度も工程を繰り返したり、1週間程度寝かせたりなどの工程を施します。
染師の経験と知識、そして色へのこだわりと、染色への愛情が自然なやさしいサクラ色を革へ落とし込みます。

サクラ色に染める

花の咲く前の小枝を手に入れたら、その日のうちに細かく刻み、色素を抽出します。小枝や樹皮などを細かくしたチップと水、少量の米酢を加えて火にかけて沸騰させ、120分ほどしたら布で濾しさらに3〜4回程煎液を抽出します。抽出した煎液を1週間ほど寝かすと、酸化されて赤みが増します。 色素は水溶性のため、革に定着させるためには媒染が必要です。黄色から桜色に染める場合はアルミ、茶色なら銅、灰色なら鉄を含む媒染を行ってから、沸騰した煎液に革を入れ、煎液をしみ込ませます。

染師

小室 真以人

1983年 福岡で生まれ、東京で暮らす。福岡県朝倉市秋月に越し、家業の草木染工房(工房夢細工)で草木染めに触れる。東京藝術大学美術学部工芸科で染織を専攻。在学中伝統技法を学ぶ傍ら、革の草木染めなどの新しい技術表現を模索。2007年 ホールガーメントニットを導入と技法を習得。2008年 自身のニットブランド「MAITO」をスタート。2010年 株式会社マイトデザインワークス設立。同年、東京都台東区上野の2k540に直営店を出店。2012年 東京都台東区蔵前にアトリエショップをオープン。

おすすめ商品